現在行っている社員教育では思うような成果が上がらない場合、何らかの方法で教育方法の見直しが必要になります。成果が上がらない社員教育の事例をいくつか紹介し、どうすれば効果的な社員教育に改善できるかのかを見ていきます。

新入社員の社員教育

モチベーションを高める環境づくり

新入社員の多くは、仕事へのモチベーションを考えられない状態の人が多いのではないでしょうか。それには、慣れない仕事を始めてからしばらくの間は「割り振られた仕事をこなす」ということで精一杯になってしま…

不安の芽は早いうちに摘み取る

新入社員の社員教育は、会社の教訓や仕事の進め方など、基本的なことを教え、社員を育成する場です。仕事に対する教育が中心となりますが、このときに同時に行いたいのが、新入社員の不安の芽を取り除くことです…

新入社員の成長戦略を立てる

新入社員を迎え入れる際最初に行うことと言えば新入社員の社員教育ではないでしょうか。ビジネスマナーや会社の理念に対する理解などこれから会社の一員となる上で大切なことを伝える場でもあります。そんな社員…

社員教育で身に付けたい仕事の基本!

社員教育とは企業が従業員に対して、仕事を行う上で必要な知識やビジネスマナー等の教育を提供することです。

中堅・ベテラン社員の社員教育

ターゲットを絞り込む

中堅・ベテラン社員と一口に言っても、将来幹部になるであろう人もいれば、いつまでも現場で働き続けるであろう人もいます。全員を一つにまとめて社員教育をしたところで、あまり効果がないことは容易に推測がで…

教育テーマは明確に

中堅・ベテラン社員を対象とした社員教育を計画するにあたり、明確なテーマを決めることがとても重要です。特に、部下の指導方法や将来のキャリアアップなどの悩みを抱えている社員は少なくありませんが、研修の…

講師選びも重要なポイント

若手と違って育成が難しい

中堅・ベテラン社員の育成は、若手と違って難しくなります。その理由は、すでに会社に在籍して年月が経っており、それぞれ自分の中での考え方が固定化されてしまっているからです。新入社員ならば個性はあるにしろまだ社会経験がないため、社員教育でコントロールしやすいです。しかし中堅・ベテランであれば、長年やってきたことを否定されることに嫌悪感を抱きやすいため、なかなか素直に教育することは難しくなります。 そんな場合に外部の研修サービスを活用して社員教育を行うと、ノウハウを生かしてもらえるのでうまくいく可能性が高まります。なぜなら、中堅・ベテラン社員に対する教育のデータも蓄積されているので、これらに対しても会社に役立つ人材に育成してもらいやすいからです。

どの講師を選ぶかは重要

社員教育のための研修を行っている外部の会社はたくさんありますが、どれを使っても良いという訳ではありません。その研修を受けた中堅・ベテラン社員が、能力や考え方などを会社に役立つように成長させなければ意味がないからです。選ぶならばやはり、これまでの実績を考慮して中堅・ベテラン社員の教育に役立つといえる講師を選ぶのが適切です。サービスを提供している会社はそれぞれの強みをホームページで公開していますが、そこでは講師の実績についても公開されています。指導経験や社会人としての経験が豊富で、これまで多くの会社の社員教育に貢献してきているような講師であれば、説得力のある指導を行うことができる結果、自社の中堅・ベテラン社員の教育にも功を奏することに期待が持てるでしょう。