教育テーマは明確に

中堅・ベテラン社員の社員教育のテーマの選び方

中堅・ベテラン社員を対象とした社員教育を計画するにあたり、明確なテーマを決めることがとても重要です。特に、部下の指導方法や将来のキャリアアップなどの悩みを抱えている社員は少なくありませんが、研修の機会に業務の上の問題解決をしっかりと行うことが肝心です。また、中途採用の社員が多い企業では、前職の経験を活かすために様々な形の研修が導入されているところもあり、同業他社の取り組みに注目をしながら、一人ひとりの社員の意欲の向上を目指すことがポイントです。その他、社員教育のための教材の内容や期間の長さなどによって、教育効果に大きな違いが出ることもあり、余裕をもって人事担当者の間で話し合いをすることが大事です。

社員教育に選ばれることの多いテーマとは

社員教育の内容を決めるにあたり、対象者の年齢や職種、勤続年数などを考慮することが肝心です。最近では、ビジネスマナーや語学、パソコン、メンタルヘルスなどの内容の社員教育を実施している企業が全国的に増えており、実際に仕事の中で生かしやすいテーマが好まれる傾向があります。また、社員教育のテーマによっては、多方面の専門家に講師を担当してもらうことにより、教育の効果を高めることも可能です。社員教育のテーマの重要性については、数々のビジネス誌などでピックアップされることがあります。そこで、役立つツールを参考にしながら、それぞれの企業の経営方針や事業内容、従業員の働き方などにぴったりと合う教育のプログラムを考えることが大切です。